ホーム  > データベース  > zbMATH

データベース

シュプリンガー・グループの電子コンテンツを閲覧できる シュプリンガーリンク (SpringerLink)をはじめ、研究の効率を上げるための情報ツールをご紹介します。

zbMATH

旧称Zentralblatt MATHは、1931年にドイツのゲッティンゲンにて数学者ノイゲバウアーを中心に編纂開始され、1996年よりオンラインアクセスが可能となった、歴史ある数学文献データベースです。

ヨーロッパ数学会公式プロジェクトとなった現在、世界7,000人以上の専門家がレビューを執筆しており、毎年およそ12万件が新たに追加されています。

zbMATHは、非営利団体であるヨーロッパ数学会、カールスルーエ学術情報センター、ハイデルベルク学士院が共同で編集、運営しています。





2004年、世界最古の数学書誌年鑑『 Jahrbuch über die Fortschritte der Mathematik』の全コンテンツの電子化を世界で初めて実現したzbMATHは、1868年から現在までの数学文献をすべてカバーしています。

3,500のジャーナル、1,100のブックシリーズ、そしておよそ17万点の書籍から抽出した300万件超※のデータを収載。

数学、統計学、コンピューターサイエンスをはじめ、工学、物理学、生命科学への応用領域をカバーし、更に数学史、数理哲学、数学教育の文献も収載しています。

※2014年2月現在



価値あるコンテンツ

  • 3,500のジャーナル、1,100のブックシリーズ、およそ17万点以上の書籍から抽出した300万件もの数学文献を網羅
  • 1826年からの一部と1868年から現在までをカバー。これほど長期間のレビューおよび抄録をカバーしたデータベースは、数学ではzbMATHただ一つ
  • 毎日更新。年間およそ12万件を新たに追加
  • すべての文献情報はレビュープロセスを経て、適切なMSCコード(MathematicsSubject Classi cation Code)とキーワードを付与
  • 世界の7,000人以上の専門家がレビュー
  • arXiv.org、ElibM、EuDML、Numdam等へのダイレクトリンク
  • 出版履歴、研究ネットワークと出版テーマ情報を含むAuthor Pro leの収載
  • 文献情報間の出典関係を明らかにする数百万件のリファレンス情報の表示とクロスリンク
  • MathML(数学マークアップ言語)により複雑な数式を迅速に表示
  • swMATHによる数学ソフトウェアの検索機能


更に詳しく
zbMATH

ページの先頭に戻る

シュプリンガーの出版物を入手するには
ご注文方法・お問い合わせ先
ご不明な点がある場合は
よくあるご質問
シュプリンガー・ジャパンについて
会社情報
求人情報
アクセスマップ