ホーム  > シュプリンガー・ジャパンからのお知らせ  > 【プレスリリース】 シュプリンガー 地球惑星科学分野のジャーナルを日本の5学会とオープンアクセス刊行開始 ― 伝統ある総合学術誌 Earth, Planets and Space が SprigerOpenに加わる

シュプリンガー・ジャパンからのお知らせ

【プレスリリース】 シュプリンガー 地球惑星科学分野のジャーナルを日本の5学会とオープンアクセス刊行開始 ― 伝統ある総合学術誌 Earth, Planets and Space が SprigerOpenに加わる

Earth, Planets and Space
シュプリンガーはこのたび、地球電磁気・地球惑星圏学会、日本地震学会、日本火山学会、日本測地学会および日本惑星科学会の5つの学術団体の公式学術誌であるEarth, Planets and Space(EPS誌)のオープンアクセス出版を開始しました。EPS誌は歴史あるジャーナルで、これまではテラパブから購読モデルのジャーナルとして出版されてきました。

EPS誌は、地球惑星科学分野のなかでも、特に地球電磁気学、超高層大気物理学、宇宙科学、地震学、火山学、測地学および惑星科学に関する論文を扱っています。また、機器開発などの新領域や学際的領域の論文も取り上げており、2012年にはインパクトファクター2.921を獲得したジャーナルです。

EPS誌には、新規の原著論文、レター論文、フロンティアレターおよびテクニカルレポートが掲載されます。フロンティアレターは、編集委員長が招請した論文です。テクニカルレポートとは、ソフトウェアツール、実験・計算手法、ハードウェア設計に関するレポートです。

編集委員長である東京工業大学の小川康雄教授は、次のように述べています。「出版ビジネスモデルや出版社を変えることは非常に大きな挑戦です。これによって、本領域有数の国際学術誌としてさらに読者が増えることを期待しています。」

シュプリンガー・ジャパンで物理工学分野を担当する米澤武之編集部長は次のようにコメントしています。「著名な5つの学会と共同でこのような評価の高いジャーナルをオープンアクセス出版できることを誇りに思います。地球惑星科学分野における当社の国際出版プログラムは、これによりいっそう強化されることでしょう。EPS誌の優れた学術情報の国際的な発信強化のため、十分なサポートをしていきます。」

5学会の方針として、バックナンバーは2014年1月から旧出版社サイトにて、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによりオープンアクセス論文として提供されています。バックナンバーは現在SpringerOpenに移行中であり、最終的に全てのバックナンバーを含めSpringerOpenで検索・閲覧が自由に行えるようになります。



<シュプリンガー社について>
シュプリンガーは、世界有数の国際学術出版社です。1842年の設立以来、革新的な情報プロダクトやサービスを通して、ハイクオリティなコンテンツを配信しており、出版物の中には、200人以上のノーベル賞受賞者の著作が含まれております。オープン・アクセス出版社としては、世界最大規模を誇ります。

english.gif弊社プレスリリース(英文)はこちら


<問い合わせ先>
シュプリンガー・ジャパン株式会社 広報担当:川崎理恵子
ホームページ:http://www.springer.jp/
電話:03-6831-7000  e-mail: info@springer.jp
英文書籍検索
シュプリンガー・グループで発行している英文書籍・ジャーナルの検索はこちらをご利用ください。
springer.comへ遷移します。

シュプリンガー・ヘルスケア

データベース

  • 電子ブック分野別パッケージ
  • Springer eBook Collection

Springer Alertsにご登録ください

掲載論文の最新情報、新刊情報をメールでお届けいたします。

Springer Alerts

Twilog - Twitterの過去ログはこちらから
Twitterのログをブログ形式でご覧いただけます
Twilog - Twitterの過去ログはこちらから
Twitterのログをブログ形式でご覧いただけます

ページの先頭に戻る

シュプリンガーの出版物を入手するには
ご注文方法・お問い合わせ先
ご不明な点がある場合は
よくあるご質問
シュプリンガー・ジャパンについて
会社情報
求人情報
アクセスマップ