ホーム  > シュプリンガー・ジャパンからのお知らせ  > 慶應義塾大学岡野栄之教授、NHKの取材に答える iPS細胞を用いた神経発生異常の解明 自閉症の新薬開発に期待 (Molecular Brain誌)

シュプリンガー・ジャパンからのお知らせ

慶應義塾大学岡野栄之教授、NHKの取材に答える
iPS細胞を用いた神経発生異常の解明 自閉症の新薬開発に期待 (Molecular Brain誌)

 バイオメド・セントラル(BioMed Central)発行のオープンアクセス・ジャーナルMolecular Brain誌に発表された研究が、iPS細胞を使った医学研究の新たな成果として、6月9日にNHKのニュース番組「ニュース シブ5時」で紹介されました。

慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之教授)、山梨大学大学院総合研究部環境遺伝医学講座(久保田健夫教授)と順天堂大学大学院医学研究科ゲノム・再生医療センター(赤松和土特任教授)の共同研究グループは、小児神経発達障害であるレット症候群患者よりiPS細胞を樹立し、神経発生過程における異常を明らかにしました。

今回の研究成果により、自閉症の病態解明や新薬開発に繋がると期待されます。


 論文はこちら(2015年5月27日掲載)

 

慶應義塾大学によるプレスリリース(慶應義塾大学ホームページより)

"レット症候群iPS細胞を樹立し、神経発生異常を特定-自閉症の病態解明、新薬開発に期待-"



 <BioMed Centralについて>
バイオメド・セントラル(BioMed Central)は、オープンアクセスによる出版モデルを開拓した科学・技術・医学(STM)分野の英国の学術出版社です。BioMed Centralが出版するすべての査読付き論文は、出版後ただちにオンラインで無料アクセス可能なうえ、再配布・再利用を許可するライセンスを供与されています。BioMed Centralは国際学術出版グループ、シュプリンガー・サイエンス+ビジネスメディア(Springer Science+Business Media)の一員です。

 


<本件に関するお問い合わせ>

シュプリンガー・ジャパン株式会社 担当:石井奈都、川崎理恵子

ホームページ:www.springer.jp

電子メール:info@springer.jp

電話番号 : 03-6831-7000

英文書籍検索
シュプリンガー・グループで発行している英文書籍・ジャーナルの検索はこちらをご利用ください。
springer.comへ遷移します。

シュプリンガー・ヘルスケア

データベース

  • 電子ブック分野別パッケージ
  • Springer eBook Collection

Springer Alertsにご登録ください

掲載論文の最新情報、新刊情報をメールでお届けいたします。

Springer Alerts

Twilog - Twitterの過去ログはこちらから
Twitterのログをブログ形式でご覧いただけます
Twilog - Twitterの過去ログはこちらから
Twitterのログをブログ形式でご覧いただけます

ページの先頭に戻る

シュプリンガーの出版物を入手するには
ご注文方法・お問い合わせ先
ご不明な点がある場合は
よくあるご質問
シュプリンガー・ジャパンについて
会社情報
求人情報
アクセスマップ